ヤマ・シークニンって何?!徳之島の秘宝の島みかん「ヤマ・シークニン」

 

収穫真っ最中の徳之島から、生産者さんの素敵な笑顔が届きました。

 

「大橋さん、ホントに嬉しそうに、大切に、摘むんですよね~」

徳之島担当で、今日も収穫・搾汁を頑張って応援しているMaruさんから、

わが子のように手塩に掛けて育てた「ヤマ・シークニン」たちと、

生産者の大橋さんの満面の笑顔が届きました\\^^//

 

徳之島で9月に収穫される青切りシークニンは、

サンサンと降りそそぐ太陽の光で光合成し、必要な酸素や栄養素を作っています。

しかし、太陽の光は悪さを働く物質(紫外線)も含まれています。

日差しの強い徳之島で育つヤマ・シークニンは、まだ小さな子どもたち(種子)を守るために、

活性酸素を除去する働きを果たす「ノビレチン」を果皮部分に豊富に作り込み

その際に果実部分に苦みやエグみを多く含むことで、外敵から守っているいるそうです。

 

自然ってスゴイ!!

そして、その自然のスパイラルを絶やさず、

守り続けて頑張っている生産者の大橋さんのために、

CANAANが出来るコト・・・

生産者も、そして手にして下さるお客様も

笑顔になれるよう、バトンを繋いでいきます🍀🍀

コメントは受け付けていません。

特集

〒802-0001
福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1AIMビル6階COMPASS小倉115

080-2787-8622

093-533-1305

10:00〜18:00
定休日:土・日